季節の中

小さな庭の様子とたまにワンコそして山旅、街道旅

捨てること 残すこと

僕がよく読ませていただいているあるかたのブログに「大切にして来たはずのものがそうでなく切り捨てて来たものが宝に思える」書かれていましたきっとものでなく その方の関係性だと思いますベットの下になん十冊もおかれた厚手の銀塩写真の古いアルバム家族の歴史に加え 亡くなった父母のアルバムも沢山加わりましたアルバムの台紙に残る写真たちはその配置やそのコメントで あの時を思い起こさせますだけど何年に一度もみませ...

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.02.07.
ichiran16.png ⇒ このごろ ▼ このごろ

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.01.30.
ichiran16.png ⇒ 山と人と ▼ 山と人と

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.01.17.
ichiran16.png ⇒ 空と雲と富士山と ▼ 空と雲と富士山と

 

捨てること 残すこと

捨てること 残すこと

僕がよく読ませていただいているあるかたのブログに

「大切にして来たはずのものがそうでなく
切り捨てて来たものが宝に思える」

書かれていました
きっとものでなく その方の関係性だと思います

ベットの下になん十冊もおかれた厚手の銀塩写真の古いアルバム
家族の歴史に加え 亡くなった父母のアルバムも沢山加わりました
アルバムの台紙に残る写真たちは
その配置やそのコメントで あの時を思い起こさせます
だけど
何年に一度もみません
このアルバムたちを ただ残しているだけ
いつか 自分が あちらの世界に行くとき 行ったとき
残されたものが整理していくのは大変です

アルバム一枚のデジタル写真をとり
その配置もコメントも残し
その後お気に入りの写真だけ さらに 1枚づつ写真を撮る
デジタルアルバムを作る

そして アルバムを壊し ごみとして捨てる

重く、スペースを占めたアルバムは消えていく
でもデジタルアルバムだって いつか捨てられてしまうかもしれない

デジタルは一瞬で消去される
僕の一生分の写真だって 瞬間で消えていく

こうして消えていく、消去されたアルバムは
本当は捨てつつある今
それを捨てながら あの時と思ってる自分がいる

でも捨てたものはもう戻ってこないだろうし
本当に残せるのだろうか


1994年にUS出張のとき、合間にヨセミテの遊びに行った写真アルバム
途中でみた風力発電が壮観と思ったのとなぜか古いアルバムのような写真でした
US
古いアルバムからはがした写真を画用紙の上に載せ、写真を撮りデジタル化します
US
US
何枚かのお気に入りは一枚づつ写真を撮り、デジタル化します
Guide
 
 

このごろ

このごろ

偶には
ひと月に一度くらい
みんなでわいわい集まろうと
湯河原の友人のリゾートマンションへ
オーシャンビューと温泉と鍋とお酒

1-IMG_2611.jpg
2017-02-05 AM06:39 湯河原から

夜明け前後の
陽のこぼれるわずかな時間こそが
優しく 美しく
滲み
好きだなあ

umi
2017-02-05 AM06:48 湯河原から

わずか十分後には
陽がのぼり
すべての輪郭線が
はっきりと描かれる
光さえも

人生は
やはり 滲みだす
輪郭線のはっきりしない
のがいいと思える
このごろ
Guide
 
 

山と人と

山と人と

山が好きだ

山の写真が好きだ

僕が山で撮る写真は 

なぜか人が入ってほしい

山と人が一緒にいるのは 微笑ましい

三ツ峠山
三ツ峠山 1785m 山梨県から南アルプスを望む
Guide
 
 

Everything Including Myself is Constantly Changing

Everything Including Myself is Constantly Changing

お正月のあけたある日
四十九日を終える
お坊様から お説法をいただく

四十九日とは 仏教用語で 満中陰と言います
死後、仏様になるまで、インターバルを置き、その後、仏様になります
そのインターバルの四十九日間を、中陰と呼び、その中陰の期間が満ちるので
満中陰といいます
この中陰の間、故人は、あの世とこの世をさまよっていいて、死後七日目から七日ごとに
閻魔大王をはじめとする十王から生前の裁きを受け四十九日目に行き先がが決まるのです

皆様が故人をこうして思われるように
故人もまた仏様になられ皆様を思われているのです

と二つのお話をなさった
お話を聞きながら 母に改めて 感謝しました

東京タワーの近くのお寺のお墓の冬空の下納骨いたしました
すべてのものは無限でなくすべてのもは有限なのだと再認識いたしました

     寒晴や東京タワーと母の墓
     

お寺より 帰りがけに 「英語でブッダ」というご本をいただきました
その表紙の帯には
「諸行無常」=Everything is Changing
そして 本文には
Everything Including Myself is Constantly Changing
と訳されていました

私も含めてすべてのものは 絶え間なく 変化してる
私の気持ちも細胞もすべてが変化しています。絶対に変わることはないと
信じていたものが変わってしまい、つらく悲しい思いをした経験誰にでも
あるのではないでしょうか。でも大丈夫。自分の気持ちも人の気持ちも、
良くも悪くも移り変わります。ずっといいことが続かないように、悪いことも
続きません。
とかかれていました

引用:大來尚順:「英語でブッダ」P56-57、株式会社扶桑社(2015)
Guide
 
 

空と雲と富士山と

空と雲と富士山と

冬の山は実にいい
空気が澄み はるかに向こうまで 見渡せる
2017年のお正月の明けたある日の山も
また
冬のそれでした

youtubeへ
空と雲と海と富士山と~鍋割山、塔ノ岳、丹沢山から2017 01 07


神奈川県塔ノ岳山頂1491mから

青い空に
刷毛ではいたような雲が
刻々と変わっていく
また
それを眺めるのも楽しい

Guide
 

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索