テント泊装備1式の重さは、自由の重さ

テント泊装備1式の重さは、自由の重さ


  2017-07-19 尾瀬見晴
Γテント泊装備1式の重さは、自由の重さ。
衣食住すべてが背中にある。
どこへ行くのもどこに泊まるのも自由。雨に濡れるのも、風に吹かれるのも。
のんびり昼寝するのも、飲みながら読書するのも。
凍える夜を過ごすのも、ひもじい思いするのも。
山を、自然を、アルプスを、もっと感じたいと思うとき、どうするかも。自由だ。」

        ワンダーフォーゲル 2017年8月号 (山と渓谷社)より引用

IMG_1434.jpg
   2017-07-20 午前5時 尾瀬見晴から  正面が至仏山 今年は例年より残雪が多い

  朝靄中 思い思いに 時間を過ごす

IMG_1428.jpg

   朝靄がゆったりした時間の中 変化して眺めるも楽し
   ぼんやり  
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索