愛犬ももの死について

愛犬ももの死について

我が家にももがやってきたのは
2003年のある日
我が家の一頭目のマイが亡くなって
数か月後に
ももがやってきた
2005-5-17_2016052918184025e.jpg


ももは 優しい女の子だった
ボール遊びは一番上手だった
家族としての沢山の思い出を作ってくれた

2005-5-17_20160529182250ff8.jpg

マイが亡くなったのを看取ったのは 家族であった
僕は 仕事に追われて マイを看取った思い出がない

2016年3月最近、もも調子悪そうだからと
持病の心臓の検査をしてもらいにいった
そしたら 悪い病気が見つかりました
残すところ1,2週間くらいですと
膵臓にがんができ、心臓と肺に転移していると

それからひと月半彼女は頑張りました
そして最後の最後まで生きようとしました
ごはんが食べれなくなり
点滴をし
歩けなくなり おしっこにいけなくなり
彼女は家では 元気なときから
おしっこは 家でしませんでした
これは 亡くなるまでかわりませんでした

散歩でなく おしっこに抱いて
外にでると
家族だなと思いました

そして ひと月半後の真夜中に
なくなりました
最後まで最後まで
頑張りました

あらためて ももと過ごしたこのひと月半
僕にとっては 悲しくもありますが
本当に一緒に過ごせた濃密な時間でした

看取るとはこういうことなんだとはじめてわかりました


スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索