スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

凌霄花~「面影」

凌霄花~「面影」

この家は、終の棲家にと、2008年に中古で買った家です。2階まで届く焼け杉の柱にからまる凌霄花は、前の持ち主が植えられたものです。そういえば、前の持ち主の奥様は、50代で病気を療養なされ、最後は、看病のために、早期に会社を辞められたご主人に看取られ、なくられたと先日お聞きしました。この2階まで届く凌霄花を奥様も見上げたのかしらと思いながら、今朝、私も、見上げています。鳥海さんのように、前の持ち主のご主人も眺めておられたんだろうと愛情を感じるばかりです。勝手に花言葉は、「面影」としたく思います。

古里の杉にからまりあでやかなノウゼンカズラ母亡きあとも    鳥海昭子
         ふるさとのスギに以前と変わらずからみついている
         ノウゼンカズラを目にしたとき、元気だったころの
         母の面影がよみがえりました。  鳥海昭子

IMG_8310.jpg

凌霄花(のうぜんかずら)【科名】凌霄花(のうぜんかずら科【属名】属【学名】Campsis grandiflora (凌霄花)【原産地】中国、平安時代に日本に伝来【園芸分類】つる性低木【花期】 6~9月【花色】オレンジ【【花言葉】「栄光」「名声」「名誉」「光栄」「華のある人生」「豊富な愛情」「名誉な女性」「愛らしい」「女性らしい」【勝手に花言葉】「面影」備考】凌霄花(のうぜんかずら)は、凌(しのぐ)霄(そらの)花(はな)って漢名から


これまでのこのブログでのアップ 2010年07月27日2006年08月21日  凌霄花(のうぜんかずら)やっと咲き始めた
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

こんばんは!!

はなはなさん、こんばんは!!
まず・・・おれんじちゃん、やんちゃな子ってきくと
まあくんを思います・・・にぎやかだったでしょ。ほんとうに
きれいな子ですね!!
高円寺の祭りはいきたかったのですが・・・来年!!一緒に撮りしょ~~
のうぜんかつらは、京都の小野小町の随心院で咲いていて、一日花のはかなさとあでやかさが見ほれていたのを思い出します。

こちらでは、あまりノウゼンカツラはみかけないのですが、
はなはなさんが引き継いで、花を育てているので、奥さんも喜ばれているでしょうね。

オレンジちゃん貰われるんですね~
随分大きくなりましたね。
淋しくなりますが、新しいお家で可愛がられますね~

都芭早さんへ

おはよう~高円寺の阿波踊りも京都の祇園祭りもいいですね。祭りは人々の元気の素ですね。ぜひ。見上げれば、京都の聖心院もいってみたいですよ~

はなかあさんへ

ありがとう~おれんじ 日程がずれて、まだいます。相手さんのご都合がとれなくて。でもいい里子になるといいですね
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。