定家葛(ていかかずら)~「船上のバニラアイスクリーム」

定家葛(ていかかずら)~「船上のバニラアイスクリーム」

 何度も下の様なお話を取り上げました。何度読んでもまた、待つことの意味を考えてしまいます。

「名前の由来は謡曲の「定家」に由来する名前。 旅の僧が京都で夕立にあい、雨宿りしたのが歌人の藤原定家の建てた亭だった。 そこの女性が葛の絡んだ式子内親王の墓に案内して、 内親王は定家と深い契りを結んだが、内親王はすぐ死んでしまったので、 定家の執心が葛となって内親王の墓に絡みついてしまった」と語った。 その女性はじつは内親王の霊で、旅僧が読経し成仏できて喜んだとのこと」季節の花300(http://www.hana300.com/teikak.html)百人一首に選ばれた式子内親王の和歌は、「玉のをよ 絶えなば絶えね ながらへば 忍ることの 弱りもぞする」(命が絶えるなら絶えてしまうがよい。生きていれば、恋を耐え忍ぶ力が弱まってしまうから・・・)定家の歌は、「こぬ人を 松帆の浦の夕なぎに 焼くやもしほの 身もこがれつつ」(来ない人を待っている私の心は、松帆の浦の夕なぎの頃に焼かれる藻塩のように、身も焦がれる想いです)とドラマチックな恋愛ですねえ。


定家葛(ていかかずら)【学名】Trachelospermum asiaticum 【科名】 きょうちくとう科【属名】【別名】【原産地】【園芸分類】【花色】【花期】5月~9月 【花言葉】【勝手に花言葉】「船上のバニラアイスクリーム」【【備考
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索