人生の達人になれるかな

人生の達人になれるかな

 きのう、4年ぶりにある方とお会いした。驚いたことに、月曜日に、彼にお会いしたいなと思い、メールを書きかけて、出さずにいた翌朝、その彼から、メールが来て、ちょっと会いませんかとメールがきました。それで、話が、とんとん拍子に進み、金曜日の夜にお会いした。どうもこういう現象をちょっとオカルト的ではありますが、「共時性」というらしい。(詳しくは、http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3)こういう事象、「電話しようとしたら、その相手から電話が来たとか」は、案外あるものです。ひとのつながりには、案外、不思議な力があるかも知れませんね。


 彼は、面白い方で、「人生の達人」と自称しおり、面白い。1昨年会社を終え、今は、10年前に書いた自分の目標を実行している。彼のファイル、1997年から(48歳)に描いた60歳のとき、退職して、4つの仕事をあげられていた。1)大学教授2)会社経営3)経営コンサルタント?・・・・。実は、その4つとも実現している。1)大学教授は、客員教授として、年間20回ほど教えていた2)会社経営は、一昨年会社を設立した。3)コンサルタントは、 なされており、銀行の通帳をだされ、いろいろな会社からの振込みを見せられていた4)・・・・。そんな話を伺いながら、感心していました。



  〜冬は日差しを受け、大きく花を持ち、夏は、木陰でゆっくり休むクリスマスローズ〜


ところで、〇〇さんは、後何年か後の退職後、いかがなさる?と聞かれて、そうですねとまだ具体的にはと答える。目標を持てば、人は、実現しようと努力をする。彼は、その目標が大事だと、「人生の達人」として話されていたんだと思う。10年後の自分を本当に想像してみよう。10年後のとある日の一日、何を、自分はしてるか想像できますか?とも言われ、浮かばないようだから。


共時性でいえば、以前、一緒に仕事をしようといわれた記憶で、ひょっとしたら、いずれ、彼と一緒に仕事しているかもとも思ってメールしたのですから案外これも同じ思いだったかも知れない。


私は、人生の達人には、程遠いですが、5年、10年後を思い、ちょっと努力してみるかなと刺激を受けました。

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

ロココさんへ

そうそう青春は、心から始まるね~

Unknown

はなはなさん、おはよう!!

本当、電話したいな~と思っていたらかかってきたということがありますね。
ある本を読んでいたら青春というのは年齢ではなくてどれだけ夢や目標を持っているかを言うのだそうです。
ずっと青春したいですね~
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索