スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

ふくろなでしこ 〜どこから

ふくろなでしこ 〜どこから

此花はどうしてここにきたんだろう?買った記憶も、戴いた記憶もなんとなくないですが。毎年こうして咲いてくれています。袋ナデシコといえば、白のフクロナデシコが、ワイルドフラワーからでたとき美しく感じました。



【花名】ふくろなでしこ (袋撫子) シレネ【学名】Silene pendula, Nodding Catchfly【科名】なでしこ科【属名】マンテマ属【別名】【原産地】地中海沿岸 【園芸分類】【花色】【花期】】【花言葉】【殖やしかた】【備考】秋蒔きで冬は霜にあてないよう暖かい所で育苗春に花壇に植え込む日当たりの良い所で栽培草丈30センチまでで矮性3〜5月に咲く日本桜草の花のような形と色をしているガクが袋状になる特徴がある


これまでのこのブログでのアップ 2009年04月06日 ふくろなでしこ〜早い開花2008年05月07日  なでしこ〜フクロナデシコと石竹

<!--
<rdf:RDF xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#"
xmlns:trackback="http://madskills.com/public/xml/rss/module/trackback/"
xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/">
<rdf:Description
rdf:about="http://blog.goo.ne.jp/hanahhana1952/e/0d159a7de786502982a82a8f8d97d11c"
trackback:ping="http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/0d159a7de786502982a82a8f8d97d11c/11"
dc:title="フクロナデシコ〜そして生垣"
dc:date="2009-04-20T05:02:44+09:00"
dc:description=" 土日はとっても暑く、陽射しもよく、草花に燦燦と陽射しを与えていた。そんな陽射しの中、生垣の工事をに植木屋さんが入った。最初は、自分で生垣用のキンメツゲを買って、自分でやってみようかとも思ったが、職人さん4人が朝八時から三時半までびっしり。もともと、さつきが植えてありちょうど真っ盛りだったが、そこに、ツゲを2重に植え込んだ。もちろんその前に、前の生垣を取り除き、このサツキも1mくらいの背を40cm"
dc:identifier="http://blog.goo.ne.jp/hanahhana1952/e/0d159a7de786502982a82a8f8d97d11c" />
</rdf:RDF>
-->
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。