扉をたたく人(映画)

扉をたたく人(映画)

扉をたたく人扉をたたく人 http://www.tobira-movie.jp/


愛妻に先立たれ、心を閉ざして孤独に暮らしていた大学教授のウォルターは、久々にニューヨークにある別宅のアパートを訪れるが、そこにはいつの間にか見知らぬ移民の男女が暮らしていた。シリア出身の青年タレクは“ジャンべ”というアフリカ発祥の太鼓の奏者であり、ウォルターはタレクからジャンベを習い始め、2人は次第に心を通わせていくが……。名脇役のリチャード・ジェンキンスが初主演を務


印象に残った言葉


「忙しくない。ちっとも忙しくない 。何年もまともな仕事はしていない。何もかも、ふりだけ。忙しいふり、働くふりで何もしていないんだ。」


扉を叩く人
 変わった題名である。なんの扉なのだろうとまず思う。どうして叩くとしたのだろう?閉じられた扉だからあけてよという意味だろうか?
そんな疑問符がつく題名である。
物語は不法滞在の一組カップルと妻を亡くした大学教授との出会いから始まる。人生に疲れ惰性で生きている教授は、音楽を愛し、ジャンベという太鼓を演奏し、生き生きと生きる青年の音楽だけでなく生き方にも惹かれていく。その青年の逮捕、青年の母親との出会い、そして、青年の本国送還、母親もまた本国へ、別れ。
扉は三つあったのかもしれない。青年を閉ざす国の扉、教授の愛情を閉ざす敢えて国の扉、教授が自ら人生に作った扉。どの扉も意思をもって扉をあけようとしないと開かない。一番印象的な言葉「仕事をしているふりをしてきた。」と言った教授の言葉は「生きているふりをしてきた」ともとれる。人は生きるためには生きる実感を味わえる何かがないと生きていくことが出来ない。

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

深いなぁ~

hanahhana1952さん 才ノヽ∋―_φ(゚▽゚*)♪

今日はPCの調子が悪くて、コメント送信ボタンを押しても、表示されなかったり、自分の記事の下書きしたものが消えてしまったり・・

あぁ~ PCを買う時期なのかなぁ~
なにかとモノイリです。

ところで、もう夏も終盤をむかえているのですものね~ 私も映画や読書、しようかな。

ノエルさんへ

扉をたたくひとは、単館系なので、そちらでは、やっていないかもしれません。地味だけどいい映画です。両方とも

はなかあさんおはよう

いつか読書する日はいかがでしたか?ちょっと素敵な時間?

Unknown

はなはなさん・・・
読書するひとも どちらもまだです
是非観てみたい
メモを貼り付けとかなくては (笑
とりあえず、HACHIを映画館で^^
田中裕子さんいい女優さんですよね
好きな向田邦子さんの作品にずっと出てらして
お正月休み楽しみにしてたのに・・・久世さんも亡くなられて・・・
大原麗子さんは憧れの女性でした
リンとしてて可愛くて、媚びなくて・・・
素敵な方が残念です

映画

私も先週、娘と一緒に「ハリーポッターを見に行きました。
途中でまた(確か前回も)眠くなってしまいましたが(笑)
「いつか読書する日」もDVDで鑑賞しました。

カラミンサ、小さなお花が可愛いですね~
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索