季節の中

小さな庭の様子とたまにワンコそして山旅、街道旅
はなはな

プロフィール

はなはな
小さな庭に いくつもの季節を 重ねて
たまに 4頭の日本スピッツが、登場します。
たまに 山行も。

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.04.07.
ichiran16.png ⇒ 母の庭 ▼ 母の庭

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.03.21.
ichiran16.png ⇒ 豆桜咲く春の山 ▼ 豆桜咲く春の山

 

母の庭

母の庭

母は 山野草が好きでした
僕は 田舎に 帰るたびに 
母は、今これが咲いてるよ
あそこに あれが咲いていると
そして 花の写真を 撮っていた
そのころは  フイルムの写真だから 
絞りも シャッター速度も ピントも ・・・・
いつも 一瞬一瞬だった 

2017-04-03 城山カタクリの里  カタクリ
  雪解けの山の斜面を埋めて咲く
       カタクリの花そよぎ止まざり  鳥海 昭子

雪が解けたばかりの日当たりのいい山の斜面いっぱいに カタクリが咲いていました、まだ葉を出さない木々の上から 注ぐ光と、斜面をなでて上がっていく風の柔らかさを感じます。


四月のある日 訪れたそこは 母の庭の五月だった
そこは 里山の斜面に 一面の紫のカタクリが咲いていた
母は 写真を撮るときに 美人さんに 撮ってねと言っていたように思う
同じ言葉を カタクリの里に ご一緒した方に 言っていた
考えてみると 母の言葉だったといまさらに思う

母の山野草の写真には その後 鳥海昭子さんの短歌を添えた

1-IMG_3782.jpg
2017-04-03 城山カタクリの里 菊咲イチゲ
  枯草の乾く音する道の辺の
        アズマイチゲはいち早く咲く  鳥海 昭子

枯草が音を立てて乾く日、目がさめたようにアズマイチゲが咲き始め ます、そんな日にはキジバトが「ででっぽう」と鳴きます、私の村では 「ででっぽの花」と呼んでいます。

生前の母の愛した山野草のその庭も 今は 人手に渡り
それでも
今年も 咲きだしてくれているだろうか?

母が 向こうで それは 無理だよと笑っています
毎日の水やり 暑い夏の日の日影
ほんと 大変 好きじゃないと できないよと


2017-04-03カタクリの里の山野草 ユーチューブ

城山カタクリの里
鳥海昭子
鳥海昭子の誕生花
スポンサーサイト
Guide
 
 

震災から六年経っても

震災から六年経っても

震災2011年3月11日
毎年3月には 震災をあらためて 意識する

このワンコ達 お口を開けている二頭は 向かって右側の子から
震災の年 5月11日に生まれたから

1-IMG_3663.jpg

この八重のクリスマスローズは 震災に遭われた福島のこのブログ友達から
震災の前年に戴いた種から開花したものだから

1-IMG_3672.jpg

震災から6年
風化させてはいけない震災のこと
風化も劣化もさせてはいけない震災と原発事故

今日 東芝が原発事業で大規模な赤字をだし 東芝本体さえ危ないと

一方で さりげなく流れるコマーシャル「地球環境×エネルギー」編
原子力を含めエネルギーミックスが大事だと



震災に関わる私の記事
2011年3月11日 2011/3/13
行為の意味2011/03/21
季節巡りて2011/3/26
いい年にしようよ2012/01/2
ハナニラ2012/4/26
すうさんのクリスマスローズの蕾2013/2/11
すうさんのクリスマスローズからの初めての採種2014/5/10
Guide
 
 

三叉(ミツマタ)咲く大山

三叉(ミツマタ)咲く大山

大山山頂(1247m)には、ヤビツ峠(標高759m)から向かった
わずか1時間強の山道だ
それでも汗が噴き出る 足元の霜は まだ凍え 溶けていない
山頂 奥の院はまだシャッターが下りている

春霞で相変わらず 
相模湾も江の島も真鶴半島も霞む
それでも 雪に覆われた白い富士山だけは 今日ははっきり見えている
九時半過ぎには 下山に向かう

下社から急石段の女坂を下った先だから
もう大山の麓に近く

ふっと沢山の黄色い花が 咲く
陽ざしに黄色い花が 下向きに 美しい

mitumata
2017/3/25 大山( 神奈川県)麓

そこは 登山道でなく 下社に向かう参道だから
一般の人で 華やぐ
花と人のいい関係がそこにはある
会話が弾む
花を眺めながら ぼんやりと 歩む

1-IMG_3653.jpg

三叉(ミツマタ)
沈丁花科 原産地 中国中南部、ヒマラヤ地方の外来種。これが和紙の原料であるが、これはいつごろからだろうとふと思う。
明治以降はお札の原料となったそうですが。ウィキペディアによるとと万葉集にも戦国時代にもと使われたといわれるが、慶長三年(1593年)に記述がるという。詳しく調べるのもおもしろそうだ。
Guide
 
 

豆桜咲く春の山

豆桜咲く春の山

毎年見に行く丹沢の豆桜
下向きで 小ぶりの 色濃き 桜
1-IMG_3461.jpg
山は 貧栄養だから 小ぶりの花に なりやすい
でも
色が 濃いのは なぜだろうと思う
殺風景な山を 彩る 神の粋な計らいか

今年の丹沢のふもとの豆桜は
地上のソメイヨシノより早く
満開だった
1-IMG_3499.jpg
豆桜咲く二百九十メートルふもとから
千四百九十一メートル山頂までの途中にある豆桜は
いまだ 小さな小さな蕾
そして
山頂は雪がやや残っていた

次に行くときは
山復の豆桜の満開の時

    2017/3/19 丹沢 塔ノ岳
  豆桜  バラ科、サクラ属の植物。桜の野生種の一つ。富士山近辺やその山麓、箱根近辺等に自生しており、フジザクラやハコネザクラとも言う。マメ(豆)の名が表すように、この種は樹高が大きくならず、花も小さい。
Guide
 
 

思い出がものに変わるとき

思い出がものに変わるとき

アルバムってなんなんだろう
アルバムから一枚一枚写真をはがし
アルバムにかかれた言葉を置き去りし
写真をたくさん集めて
袋にしまったとき

もう自分や家族の思い出を残した記憶でなく
ものに変わってしまったようだ

乱暴にはがすと
一枚しかない写真がところどころ切り裂かれ
一枚しくじると
乱暴になり、何枚もそうなる

ものだから惜しくない
ものはいつかきえるものだから
ましてや 私の子供たちにとっては

ものはいつか消えていく
それを実感するここ数日です
US
写真をアルバムからはがし、写真撮影のために白紙の上に置いたところ
1-ファイル 2017-02-13 9 20 46
写真を袋にいれしまったところ
Guide