FC2ブログ

季節の中

小さな庭の様子とたまにワンコそして山旅、街道旅
はなはな

プロフィール

はなはな
小さな庭に いくつもの季節を 重ねて
たまに 4頭の日本スピッツが、登場します。
たまに 山行も。

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2018.08.28.
ichiran16.png ⇒ 蝶ケ岳山頂から ▼ 蝶ケ岳山頂から

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2018.05.27.
ichiran16.png ⇒ 春~一条の光 ▼ 春~一条の光

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2018.04.17.
ichiran16.png ⇒ のんびりの春 ▼ のんびりの春

 

凍てつく朝

凍てつく朝

凍てつく朝
いつも走る
公園の水飲み水栓凍った

走りながら
何も考えないときもある

意識せず に考えてしまうこともある

今朝は いつのまにか
昨夜届いた訃報のことを思って
走っていた

学生時代の家庭教師先のお母さんが亡くなった
お父さんの方はその数年前に亡くなった

妻に訃報のこと、話したら
これで最後かも知れないから
お線香だけでもあげてきたらと

訃報の、はがきには 85歳と
あれ?とおもった
先週三回忌を終えたぼくの母親が生きていれば89歳だから
三歳か四歳違い
今更に驚く
もっとお若いかと

考えてみると
僕が二十歳、教えていたお兄ちゃんが高校三年だから

そんなに変わるはずもないと今更に
思った

そんな感覚のずれが
疎遠になる原因
年賀状のやり取りだけだが
元気だろうと
錯覚する

亡くなる前にお顔を見に行けば
良かった
と今更に
思う

走りながら

家庭教師に、通った道筋を思った
梅林を抜け
教会の隣を抜け
坂を下ると いつもにこやかな
顔があった

田舎から上京した僕には
東京の両親にも思えた
何時も2時間の勉強のあと
一緒に、いただく夕食が楽しかった

親子四人とプラス1
いつも、明るく優しさに満ち
そして
お父さんの話はいつも人生 の一歩を踏み出した僕には
新鮮だった

走りながら
走馬灯の様に蘇ってきた

繰り返し繰り返し廻る笑顔があった


今通夜に向かう電車中

出かける前に 昔の写真をみた
そこには
結婚したての家庭教師先の子供たち、そして僕
それぞれの連れ合いと赤ちゃん
三人
そしてお父さん、お母さんと
笑いが弾けていた

遠い遠い昔の写真
そして
今につうじる


通夜のお母さんのお顔は
小さく 美しかった
涙が落ちた

明日も走ろう
明日の水飲み水栓は

凍った水の形は
記憶として残る
そして また
形のない水に戻っていく
2018/12/17
追記 
ジョギング 2017年5月よりほぼ毎日5km 30分~ひたすら山力をつけるために
学生時代 もう何十年も前になります
スポンサーサイト



Guide
 
 

唐松岳・五竜岳へ~八方池のみなも

唐松岳・五竜岳へ~八方池のみなも

朝もやで始まった今朝
真っ白で 今日もまた お天気がダメかと
あきらめていた
登るにつれて 朝もやが取れ
青空が 広がる
八方池1
八方池に映る白馬三山、小蓮華山

八方池に着いた頃
雲一つない青空に
風もなく
八方池の水面(みなも)に
八月の頭に行った雨の白馬、小蓮華山がすっきりと見える

八方池2
八方池に映る天狗の頭、不帰のキレット

さらに 目を移していくと
怖い  日本三大キレットの一つの
 「不帰(かえらず)のキレット」
今回は、一日だけの晴れなので ここには 行かない
唐松岳から覗いてこよう

不帰のキレット
不帰のキレットを背景に 飯森神社奥社(https://www.nagareki.com/hakuba/iimori.html)

奥ノ院は 不帰のキレットの鎮魂歌にも思えた
飯森神社の伝承によれば 悪い大蛇を追い払うためと

この日 唐松岳の山頂で 蛇を見たのは 
*ジムグリという蛇だったようだ。3000m近い山頂での蛇には、驚いた

Guide
 
 

蝶ケ岳山頂から

蝶ケ岳山頂から

夕日に染まる
草花

夕日に染まる
大キレット
IMG_0972.jpg
漆黒のシルエット
IMG_0976.jpg

槍ケ岳シルエット
IMG_1001_201808282150538f9.jpg

2018/7/18 @蝶ケ岳山頂


Guide
 
 

春~一条の光

春~一条の光

光り輝く五月
レンズに太陽光が直接入らないように 撮ったら
一条の光が
新葉が芽吹き始めた木木に
そっと一筋
降り注ぐ


      蛭ケ岳~丹沢山間 2018/5/16
その一条の光が
新葉を透かして魅せる 

IMG_0415.jpg
      蛭ケ岳~丹沢山間 2018/5/16
Guide
 
 

のんびりの春

のんびりの春

大きなブナの木
ブナ林の中を歩く

2018-04 丹沢鍋割山~檜岳間

誰にも会わず
のんびりの春
静寂の春

IMG_8930.jpg

そして
山の桜らしく
清楚な色合いの
さくら

Guide
 

Menu

画像Clickで記事ページ

検索フォーム

キーワードで記事を検索

 

最新トラックバック

2011/08/16~4

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: