季節の中

小さな庭の様子とたまにワンコそして山旅、街道旅
はなはな

プロフィール

はなはな
小さな庭に いくつもの季節を 重ねて
たまに 4頭の日本スピッツが、登場します。
たまに 山行も。

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.05.09.
ichiran16.png ⇒ きくざいちげ ▼ きくざいちげ

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.05.09.
ichiran16.png ⇒ 群生~私を見て ▼ 群生~私を見て

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.04.07.
ichiran16.png ⇒ 母の庭 ▼ 母の庭

 

季節を遡る 立夏から早春へ

季節を遡る 立夏から早春へ

高度を上げるにつれて 季節をさかのぼる
立夏から 早春に景色がかわる
早春を絵に描いたら
どんな風に描くのだろう
淡い黄緑に
淡い桜色が点在する
淡いかつぼんやりしている
油絵の具の強さでなく 
水彩絵の具の透明感でなく 
淡く滲む墨の濃淡を色づけした様


2017/5/5 丹沢東峰から
スポンサーサイト
Guide
 
 

きくざいちげ

きくざいちげ

白と淡い青の二色の花が 同じ場所に 咲く

不思議に思う

似ているけど ちょっと違う

あずまいちげは 白花のみであるが きくざいちげは 白も淡い青色も

あずまいちげは 葉が切れ込まず きくざいちげは 葉がきれこみ

でも 早春植物」(スプリングエフェメラル)

IMG_0879_20170509165010e83.jpg
2017-5-5 丹沢山付近(神奈川県)
IMG_0878_20170509165009e76.jpg
2017-5-5 丹沢山付近(神奈川県)
きくざきいちげ(菊咲一華)【学名】Anemone pseudoaltaica 【科名】金鳳花(きんぽうげ)科【属名】イチリンソウ属【別名】菊咲一輪草(キクザキイチリンソウ)。【原産地】日本、台湾、中国【園芸分類】山地の落葉樹林内に見られる多年草。【花色】種々【花期】3~月【花言葉】静かな瞳、追憶 【備考】春のはかない草花」(スプリングエフェメラル)の代表的な早春植物である。同種に、フクジュソウ、カタクリ、ニリンソウ、エゾエンゴサク、ショウジョウバカマなどがある。天気が悪ければ花は開かず、首を垂れる。

きくざいちげは、あづまいちげと似ている花ですが区別は、

アズマイチゲ(東一華)

 キクザキイチゲと良く似ているが、アズマイチゲは白色のみ。両種を見分けるポイントは、アズマイチゲの葉・・・葉の先が丸く細かく切れ込まず、やや下に垂れている。また、花の下にある茎に毛があればキクザキイチゲ、なければアズマイチゲ。

あずまきいちげ(東一華)【学名】Anemone raddeana 【科名】金鳳花(きんぽうげ)科【属名】イチリンソウ属【別名】【原産地】北海道・本州・四国・九州に分布し、樺太・朝鮮・ウスリーに分布する【園芸分類】山地の落葉樹林内に見られる多年草。【花色】白のみ【花期】3~月【花言葉】温和【備考】
Guide
 
 

群生~私を見て

群生~私を見て

真夏の様な日差し 

今年の子供の日は 立夏

吹き出す汗

足元に 目を落とすと

私を見てとばかりに 陽の当たる先には

私を見てと

菫が群生していた



2017-05-05 丹沢東峰(神奈川県)
Guide
 
 

母の庭

母の庭

母は 山野草が好きでした
僕は 田舎に 帰るたびに 
母は、今これが咲いてるよ
あそこに あれが咲いていると
そして 花の写真を 撮っていた
そのころは  フイルムの写真だから 
絞りも シャッター速度も ピントも ・・・・
いつも 一瞬一瞬だった 

2017-04-03 城山カタクリの里  カタクリ
  雪解けの山の斜面を埋めて咲く
       カタクリの花そよぎ止まざり  鳥海 昭子

雪が解けたばかりの日当たりのいい山の斜面いっぱいに カタクリが咲いていました、まだ葉を出さない木々の上から 注ぐ光と、斜面をなでて上がっていく風の柔らかさを感じます。


四月のある日 訪れたそこは 母の庭の五月だった
そこは 里山の斜面に 一面の紫のカタクリが咲いていた
母は 写真を撮るときに 美人さんに 撮ってねと言っていたように思う
同じ言葉を カタクリの里に ご一緒した方に 言っていた
考えてみると 母の言葉だったといまさらに思う

母の山野草の写真には その後 鳥海昭子さんの短歌を添えた

1-IMG_3782.jpg
2017-04-03 城山カタクリの里 菊咲イチゲ
  枯草の乾く音する道の辺の
        アズマイチゲはいち早く咲く  鳥海 昭子

枯草が音を立てて乾く日、目がさめたようにアズマイチゲが咲き始め ます、そんな日にはキジバトが「ででっぽう」と鳴きます、私の村では 「ででっぽの花」と呼んでいます。

生前の母の愛した山野草のその庭も 今は 人手に渡り
それでも
今年も 咲きだしてくれているだろうか?

母が 向こうで それは 無理だよと笑っています
毎日の水やり 暑い夏の日の日影
ほんと 大変 好きじゃないと できないよと


2017-04-03カタクリの里の山野草 ユーチューブ

城山カタクリの里
鳥海昭子
鳥海昭子の誕生花
Guide
 
 

震災から六年経っても

震災から六年経っても

震災2011年3月11日
毎年3月には 震災をあらためて 意識する

このワンコ達 お口を開けている二頭は 向かって右側の子から
震災の年 5月11日に生まれたから

1-IMG_3663.jpg

この八重のクリスマスローズは 震災に遭われた福島のこのブログ友達から
震災の前年に戴いた種から開花したものだから

1-IMG_3672.jpg

震災から6年
風化させてはいけない震災のこと
風化も劣化もさせてはいけない震災と原発事故

今日 東芝が原発事業で大規模な赤字をだし 東芝本体さえ危ないと

一方で さりげなく流れるコマーシャル「地球環境×エネルギー」編
原子力を含めエネルギーミックスが大事だと



震災に関わる私の記事
2011年3月11日 2011/3/13
行為の意味2011/03/21
季節巡りて2011/3/26
いい年にしようよ2012/01/2
ハナニラ2012/4/26
すうさんのクリスマスローズの蕾2013/2/11
すうさんのクリスマスローズからの初めての採種2014/5/10
Guide